並行して仕事をこなす場合の注意点

最近流行りのクラウドワーキングを始め、複数のサイトを掛け持ちし多くのクライアントから依頼を受注する働き方は、特定の職場への出勤という概念が存在せず、自宅やプライベートな出先において端末一つあれば仕事をこなす事が出来るという大きなメリットで注目を集めています。特定の企業や組織に所属せず、時間をフリーに使えるというフリーランスの仕事のやり方に憧れを持つ人も多い事でしょう。
ですがこの方法で生計を立ててゆくには安定した仕事の受注と納期の厳守が求められ、想像以上に大変なものです。
特に不特定多数のクライアントからの依頼を日々的確に捌かねばならない為、意外にもこうした働き方では時間管理が大変重要となります。クライアントからの仕事の提案はそれこそ昼夜を問わず行われ、その依頼に対し素早く成果を出さなければなりません。
特にクラウドワーキングのサイト内では登録会員同士の仕事案件の奪い合いも頻繁に行われますから、少しでも多くの仕事を確実に受注するには1日を通して頻繁に登録サイトをチェックしなければならず、必然的に時間の無駄が許されなくなります。
ここまで説明すれば、フリーランスで働く人がプライベートに確保出来る時間が意外にも短いというデメリットを理解する事が出来ます。
ただこうした厳しい環境に身を置く事によるメリットが全く無い訳ではありません。厳しい時間管理に頭を巡らせる事により自身を厳しく律し、クライアント、ひいては社会からの高い信用を得るという事にも繋がります。人と人との社会的な繋がりにおいて、信用ほど大切なものはありません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です