高齢フリーランスの年齢を考えた仕事量

フリーランスの中には、複数の仕事を掛け持ちでこなしている人は少なくありません。フリーの立場では、時間に余裕があればいくつかの仕事を同時に引き受けて働くことが可能です。
ただし若い頃と同じように多くの仕事を同時にこなしていると、いつか時間管理で失敗するリスクがあります。フリーランスは定年がないため、高齢でも仕事が続けられるのがメリットの一つです。それでも高齢になるに従って、若い頃と同じ量の仕事をこなせなくなります。
例えば年齢が高くなると共に、若かった頃に比べると体力はどうしても衰えます。そのため、同じ条件の力仕事でも以前より仕事のための時間が多く必要です。また判断力や記憶力の低下も高齢化と共に次第に見られます。
このような年齢による能力の低下は、本人が気づいていないケースが少なくはありません。そのため若い頃は出来たから大丈夫と考えるのは時間管理で失敗する元です。年齢による能力の衰えを考慮し、掛け持ちする仕事の量をセーブする判断が欠かせません。歳を重ねるにつれて、同時にこなせる仕事の量は減らす事になります。
しかし長い仕事の経験により難度の高い案件がこなせるため、単価の高い案件を狙えば問題はありません。場合によっては掛け持ちしなくとも、一件の仕事だけでも十分な収入が得られる事も少なくはないです。
高齢になってもフリーランスの仕事を続けるなら、仕事の量よりも質を意識すれば収入を減らさずに済みます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です