万が一に備えてのフリーランスの貯金目標

フリーランスの仕事は自由が多い一方で、心細い面もあります。
会社に勤めていると福利厚生など何らかのバックアップが従業員は受けられる一方で、フリーの立場で働いていると万が一の場面でも支援してくれる存在がいません。
そこで将来を考えた場合、ある程度の貯金はあった方が安心です。いつまでにどの程度の金額を貯金するのか目標を定めた方が、フリーランスは堅実な人生設計ができます。
また目標の貯金額をできるだけ早く達成するため、仕事を掛け持ちする手段もあります。フリーランスの強みは複数の仕事を引き受けてこなせる点にあり、このメリットを活かせばたとえ将来が不安なフリーの立場でも弱点をカバーすることが可能です。早めに目標金額の貯金を達成してしまえば後は精神的に余裕を持って働くことができ、また万が一トラブルが起きてしばらく収入が途絶えたとしても焦る必要はありません。
ただし仕事の掛け持ちで無理をし過ぎてリタイアするようでは本末転倒であり、大きな問題があります。たとえ早く目標を達成するためとはいえ仕事の量はセーブし時間管理を行い、無理しすぎない配慮が肝心です。時間いっぱいまで使い最大限に働こうとすると、体を休めるための時間を確保できなくなります。
その結果、心身に疲労やストレスが溜まり、無理がたたって倒れる事にもなりかねません。あくまで無理のない範囲で仕事の掛け持ちを行い、余裕のある時間管理の中で仕事しさえすれば特に問題はありません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です