仕事を掛け持ちするときは時間管理が重要

IT技術職の中でもウェブエンジニアやプログラマー、ウェブデザイナーなどの職種は仕事内容から個人の力量が重要になり、独立してフリーランスや個人事業主として活躍しやすいです。ただ独立してすぐには大きな仕事の受注はなかなか難しく、小さなものを掛け持ちしながらスキルを磨き、業界に知らせていくという方法が良いでしょう。
まずは自分のスキルを知ってもらうこと、そのためには多少無理をしても仕事を多く請け負うことが重要になり、掛け持ちも必要となります。
ただこの時に必要となるのが時間管理で、仕事を請け負うときに大切なのは求められる仕上がりで納期に間に合わせることです。個人で仕事をするうえで信頼性は何よりも大切で、会社や企業という後ろ盾がないからこそ大きな財産になります。だからこそ受注した仕事は完璧に仕上げること、これが第一に必要となります。
仕事の掛け持ちと時間管理の関係性についての参考記事:(掛け持ちフリーランスのための時間管理

ただ他にも必要なことがあって余暇を休日の過ごし方も大切です。人間の集中力は長続きするものではなく、時としてリラックスすることも必要になるでしょう。気を張り詰めすぎると些細なミスやトラブルを起こしてしまうので、時にはゆっくりと休むのも大切になります。
フリーランスの場合は公休がなく自分で作らなければいけなく、最初は仕事の手を止めるのを不安に思うかもしれませんが必要なことです。休みの日の過ごし方も重要になり、気持ちを切り替えることも必要だと知ることが大事になります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です