イメージとはギャップある掛け持ちの仕事

フリーランスになる前は実力に自信があって、多少多くの仕事を掛け持ちしてもやり遂げられると考えている人は少なくありません。
しかしいざ独立して仕事を始めてみると、思っていたようには順調に仕事がこなせずギャップを感じるケースが多いです。何事もイメージ通りに物事が進まないことはよくあり、それはフリーの仕事においても同様であると言えます。大丈夫と思って引き受けた仕事の時間管理が上手くいかず、結果的にクライアントに迷惑をかけるようなトラブルは避けなければなりません。
確かにフリーランスは仕事の掛け持ちが可能であり、収入を増やすことを狙うなら複数の仕事をまとめて引き受けた方が有利です。それでも初心者が考えている以上に仕事上のリスクがあり、フリーの仕事に慣れるまでは、できれば掛け持ちで仕事を引き受けるのは控えた方が賢明であると考えられます。
ベテランが多くの仕事を難なくこなしているように見えるのは、長年の仕事で培ってきた経験と勘によるものです。それゆえに独立してフリーランスの仕事を始めたばかりの初心者が、表面だけベテランの方法を真似たとしても時間管理で失敗します。多くの仕事をこなして稼ぎたい気持ちがあったとしても、冷静に自身の実力をわきまえて能力にあった分量の仕事を地道にこなした方がなにより無難でしょう。
もし独立してフリーで仕事をするのであれば、クライアントの信頼に応えられる働き方をまずは第一に考えると上手くいきます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です